雅です。

少し前に、こんなお話を聞きました。

昔の写真を見返すと、あんまり笑ってない自分がいた、と。
昔の自分=あんまり笑わない人
というイメージを「今」の段階で持ってしまうことがあるんだなと。
当時、写真でだけ構えてしまって笑えてなかったのかわからないですが、
写真のイメージって良くも悪くも強烈なんだなと改めて感じました。

本題です!
笑顔の写真、ありますか?
とびっきりの笑顔の写真は、それだけで楽しそうな感じが伝わってきます。
写真で笑顔を作るのが苦手な方はとっても多いです。
緊張で口元がわなわな震えてしまう経験、わたし自身もあります。

写真で笑うのって、慣れていないと難しいところがあります。
ちゃんとしなきゃ、とか、笑顔作るなんて恥ずかしい、とかありますよね。
が、普段の生活ではどうでしょうか?
きっと、たくさん笑ってますよね。わたしもよくアホみたいな顔して笑ってます。
そんな感じで、日常生活で笑える人は、絶対に写真でも笑えます。

「緊張」だけを一瞬でも取り除いてあげると、簡単に笑えるんです。
秋月家の撮影では、笑顔を作ってもらうというよりは、「笑かし」ていきます。写真で笑えないときは、カメラマンのせいにしましょう!

わたしとしては、写真で不幸になる人ができるだけいて欲しくないと日々願っているので、とびきりの笑顔の写真を撮って、「あぁ、このときこんな顔して笑ってたんだなぁ」と思ってもらえたら最高に嬉しいです。

「目が大きい」
「整った顔」
「しわくちゃじゃない顔」

より、大切なことがあります。
その瞬間、楽しかったり、嬉しかったりした体験をしていた自分を感じること。女性は特に、シワとか目の大きさとかメイクの出来なんかに目がいきがちですが、見つめるところ、感じる部分は他にもあるんですよ。

そんな写真の使い方・見方をしていれば、勝手に自分に対してのイメージは上がっていくんです。人間としての美しさを、写真を通してたくさん感じてみてくださいね。

 

家族写真も、とびっきりの笑顔で〜♪