おはようございます!


左京区写真館AKIZUKI galleryのタケシです。
最近はフォトスタジオではなく、
左京区写真館を名乗っています。


個人的には
左京区でナンバーワンの写真館を
目指しています。
がんばるぞ。


さて、
28日の日曜日はAKIZUKI galleryの定休日なので
(日曜は午前に家族写真だけなら受けられます!)、
撮影業務はお休みだったのですが、
レンタルスペースとして、
『いっぺん死んでみるワークショップ』という
ヘンテコなネーミングだけど、
とても奥が深いワークショップを開催しました。

 

 


『いっぺん死んでみるワークショップ』
https://ameblo.jp/nobuko1025/entry-12829658937.html


僕たち夫婦がとても仲良くしてもらっている、
内科医の上原暢子さんが主催しているものです。


自分が末期ガンの状態になったと仮定して、
ワークショップは進みます。


少しずつ自分と関わりのある人、物、思い出、を
捨てていくのですが、
人生や命の終わりについて
とても考えさせられるWSです。


自分にとって最も大切なものが見つかったり、
執着していた感情に気付けたり。
感じるものは参加者ひとりひとりきっと違います。


僕は最後に息子を残しましたが、
その直前に妻を捨てました。
ここは少し(少しだけw)迷いました。


毎日が充実している人もそうで無い人も、
一度は全ての人に受けてほしいワークショップです。


人生や毎日の見方がきっと変わります。


僕はやっぱり「家族の幸せ」が
一番大切なんだなと再認識できました。
奥さんと息子が笑ってくれているなら、
他のことは全部どうでもいいです。


28日のワークショップは特別版で、
模擬納棺式と入棺体験も行いました。

 

 

 

 

 

 

安心してください。生きてます。

 


妻みやびが故人役として、
納棺師の大森さんに模擬納棺していただきました。
妻の死装束姿は少しグッとくるものがありました。


そのあとは希望者のみですが、
入棺体験をさせていただきました。

 

パパ死んでないよ〜〜w

 


これがまたいい経験でした。
棺桶の中ってこうなっているのかと初めてのことばかり。


またうちで開催したと思います。



撮影に関するご質問はLINE公式アカウントからお気軽に!

友だち追加


では今日はこの辺で!
今日も撮影です!


AKIZUKI gallery代表
秋月 武


_______________________________
■お問い合わせはお気軽に!
 こちらからどうぞ
 LINEがお手軽です!

■授乳フォトプロジェクト
 女性写真家秋月雅による撮影プロジェクトです。
 お母さんのための写真撮影
 詳しくはこちらをご覧ください。
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA