煩悩先撮り

プロジェクト108

1/4

ただの変身写真じゃない。

それはまるでセラピー。

Before

After

まだ見ぬ自分と今、出会う。

こんなお悩み、ありませんか?

キレイになりたいけど、何から手をつけていいかわからない。

写真は苦手だけど、ステキな写真はとって欲しい。

自分にまったく自信がない。自分を好きになりたい。

理想の自分があるけれど、なかなか実現できない。

ずっと、心にまとわりついた欲望がある。

その悩み、写真をきっかけに解決してみませんか?

写真は、自分のために撮る時代。

 

魅せるためではなく、

満たすために撮る。

理想の自分を今、先撮りして

実現のスピードを加速する。

頭の中のイメージだけではなく

現実の自分に落とし込んで

自分の目で見る。

自分の写真を撮ることは

あなたの理想を即叶える夢の手段。

「自分ってこんなもん」

そうやって閉じ込めた

自分の魅力、知りたくないですか?

心の扉をスルッと開けて

ないことにしていたものを

「ある」としる

「なんとなくこうなりたい」

心にまとわりついて消えない

そんな漠然としたイメージと

現在地とを結ぶ

それが、自分の写真を撮ることで叶う

なぜなら、

客観的に自分と向き合えるから。

フォトグラファーとして

一般女性の透明感を引き出す写真撮影を

長年続けてきた

京都在住の美撮り師秋月雅による

2020年プロジェクト

撮影だけではなく

ヘアメイクも習得し

カウンセリング、ヘアメイク、スタイリング、撮影、レタッチ(修正)

すべて一人の感性でプロデュース

しかも、

「写真嫌いな人」にこだわり

撮り続けた結果

どんな方でも自分の魅力を目の当たりにする

美撮りメソッド。

その撮影は、まるでセラピー。

魔法を使うのは、簡単です。

見たことのない自分と出会うのも、簡単です。

ちょっと、自分を整えてあげればいい。

そうするだけで、

なんか知らんけど

ときめく自分と出会えるのです。

108名限定で受け付けます。

撮影の流れ

当日AKIZUKI galleryへご来店いただき、衣装チェックをして撮影イメージを決め、まずビフォー写真を撮影。雅が手を加えないでそのままのあなたの姿をスタジオにて数分撮影します。

その後必要な方は着替え、煩悩トークをしながらヘアメイクのお直し。そしてアフター写真をスタジオで撮影。ざっと写真をご覧いただき、その日はそれで終了です!

撮影後

数日以内に未修正の写真をすべてメッセンジャーにて送付します。(容量が大きいためダウンロードサイトを利用するので、

基本的にパソコンでダウンロードをしていただきます)

後日それとは別に雅セレクトの写真を一枚、

美修正して納品します。

未修正データの加工はご自由にしていだけます。

また、修正ご希望の方は別途料金にて承ります。

申込方法

こちらのサイトの上部と下部にある申込サイトから、

ご希望のお日にちを選択しお申し込みください

お申し込み後、自動返信メールが届きます。

そちらの案内に従い、お振込の手続きを終了後、予約確定です。

リアルタイムなプロジェクトの情報はこちらのブログで更新中!

サービス内容

自前メイクでのビフォー写真撮影/ヘアメイクお直し/アフター写真撮影/未修正全データ/雅セレクト修正写真1枚/整えポイントお伝え

対象者

・メイク、撮影に関して秋月雅に一任頂ける方(撮影イメージは当日お話ししながら決めていきます)

・女性限定

参加費

定価 70,000円(税抜)

※事前銀行振込

​東京撮影は別途スタジオレンタル代、出張代として15,000円(税抜)をいただきます。

特別キャンペーンあり!

​↓↓

プロジェクト参加者のSNSなどを見てお申し込み、または雅のLINE公式アカウントに登録されている方で、撮影後にSNSで雅をタグ付で写真と感想と共にプロジェクト紹介してくださる方は

定価70,000円(税抜)が超お得になります!

・SNSでの紹介+アフター写真の使用許可を頂ける方

価格改定中

SNSでの紹介+ビフォーアフター写真の使用許可を頂ける方

価格改定中

※SNS(FB,Instagram)またはブログなど

※ビフォアフターの写真の使用目的は、SNS、ブログ、HPや各種広告などです。使用しない可能性もあります。

※東京での撮影はこれとは別に諸費用15,000円(税抜)がかかります。

2018年100人撮影マラソンの撮影例

100人撮るぞ!と募集したところ、3ヶ月で満席に。

今回のプロジェクトでは生花の使用は考えていません。

※写真はランダムにセレクトして掲載しています。

参加者の声

いつものあなた、と、新しいあなた
二度美味しい撮影。
普段のあなたを撮影後に、ヘアメイクを行い、美撮り師秋月雅のエッセンスを加えて撮影します!
before
after

煩悩先撮りプロジェクト108

​撮影の感想ブログはこちら

〜感想抜粋〜

そして、アフター撮影。

自分の中に「ある」けど出し方がわからなかった部分が、雅さんの声掛けで自然に溶け出すのがわかった。

 

出来上がり写真を見て「ああ、やっぱりあったんだ」と、実感して嬉しかった。

before
after

《撮るセラピー》
人見知り・口下手で、伝えたいことがなかなかうまく言葉に出来ない私は、いつも頭の中でいろいろぐちゃぐちゃ。 多分煩悩もたくさん…
この企画めっちゃ気になると思い、慌てて申し込み。


服選び・メイク・撮影をしてもらいながら、その場ではキラキラした時間を過ごしました。
普通の写真だと顔ひきつるけど、思いきり楽しみました^^

・ときめく服でテンションあがる
・髪の分け方少し変えるだけで印象は変わる
・自分てこんな顔するんだという驚き
・受け入れ辛い一重の目や唇をほめてもらった😢
・モデルじゃないし、スタイルとか気にするのではなく自分のために💕

帰り道…
外見内面で悩んでいた昔の私に「楽しく生きてるよ。」と教えてあげたいという思いが😢
子どもの頃の自分、大人になった自分を癒やしてもらいました💕


まさしく撮るセラピー✨

もともと雅さんの撮る写真や感性がすごく好きで、前にも撮ってもらいました。
女性の方、まだ雅さんを知らない方、自分を好きになりたい方、ぜひ一度会ってみてほしい🌼
雅さん、ありがとうございました✨

before
after

撮影中は何だかトランス状態と言うのか、ただ自分がそこに在るだけ。


でもそれは自分が一番求めてきた在り方なのかもしれないとも感じました。
頂いた写真には自分でも知らなかったような表情とか色々写し出されてるんだけど、

それでも全部がちゃんと自分なんです。


別人になった訳じゃなく自分がひらけたみたい。
「ようこそ、私」って言いたくなりました。

撮影後からの心の動きが面白くて、ついつい観察してはにやにやしてます。

まだ明確に言葉では表せないけど。


今回の撮影がいい変化への後押しになっていくのは確かだと思う。

直感に従ってパッと行動できたときはとても気分が良い♪ってことも記しておこう。
(すぐに忘れて)ぐずぐずしちゃう癖があるから…。

美撮り師秋月雅について

質問です。

 

自分って、

↑のイメージで生きるのと

↓のイメージで生きるの、

どっちが楽しそうですか?

小さな頃から内弁慶で、人見知り。

「大人しい」タイプの人間でした。

外見に関しても、小さな頃からメガネをしていて、くせ毛、ニキビ肌で、まったく自信がありませんでした。

人の後ろに隠れているような子でした。

自分は目立たない。

目立つなんて考えもしない。

自分の意見なんて、言わないのが普通。

性格もネガティブで、生きづらいタイプでした。

そんな中で、二十歳の前撮りでとどめの一撃をくらいます。

(上段一番右)

 

プロにメイクをしてもらい、カメラマンにのせられ、

ノリノリで挑んだ前撮りで仕上がった写真は、

わたしの脳内イメージとはかけ離れた

「ドスこい!」と聞こえてきそうな力士のような写真でした。

もう一生写真なんかにうつらないと心に決め、

押入れの奥に写真を押し込み、なかったことにしました。

が、

このたった一枚の写真のせいで、わたしのセルフイメージは、こう強く擦り込まれてしまったのです。

「わたしって、こんなもんなんや・・・」

 

 

と。

そこからは、写真に写るのを極力避けるように生きていました。

それでも写真に写った時には、自分の粗探しをしまくり、「あ〜、ほんと可愛くない」という呪いをかけ続けたのです。

そんな中で転機が訪れます。

2013年から、フォトグラファーとして女性の撮影をするようになるのです。

撮影対象者は、一般女性。

そのほとんどが、「写真が苦手」という方ばかりでした。

撮影を続ける中で、あるフレーズを毎回のように聞くことになります。

「こんな自分、見たことない!」

「知らん人がおる!」

「自分にこんな魅力があったなんて知らなかった」

 

そう言いながら、みなさん喜んでくださいました。

ほんの少し見方を変えるだけで、別人級に魅力が溢れ出すのです。

それから、わたし自身も「写真にうつる」ということに関して、

人体実験をしまくりました。

NYまでモデル体験をしに行き、花を頭に乗せて、

ポージングを研究し、自撮りもたくさん行いました。

どすこいな写真は、たくさん撮れます。

それでいいんです。

その中に、たった一枚でも、自分がときめくような、自分にうっとりしてしまうような、そんな写真を見つけて欲しい。

それが、可能性の扉を開く、ということです。

再現性がなくても、いいんです。

ただ一度でも、「こんな素敵な自分もいるんだ!」と体験した人と、してない人の違い。

冒頭の、「どっちの自分のイメージで生きると楽しそうですか?」この質問が全てです。

毎日完ぺきにステキな自分じゃなくてもいいんです。

いろんな自分がいて、どの自分も楽しんでしまえばいいんです。

楽しめない自分は、改善すればいいんです。

写真嫌いの落とし穴は、傷つくのが怖くてなかなか再度挑戦しようと思えないところです。

「嫌な自分」を見せつけられる怖さから、

なかなか一歩踏み出せないんですよね。

だからこそわたしは、写真嫌いな人にこだわって撮影を続けてきました。

そういう方達の変化を見るのが、嬉しかったんです。

自分は、プロのモデルでもないし、写真なんて撮らなくていい。

そう思うのは、もったいない。

写真って、完璧に美しい人たちのものじゃないです。

無限の個性を写し出せるスーパーツールなんです。

本当は、自分の魅力や可能性を、知りたい。

そんな気持ちがあるのなら、ぜひ写真に撮られて見て欲しい。

 

ポートフォリオサイトはこちら

2013年 心理カウンセリングスクール卒業

2016年 メイクスクール卒業

​写真うつりに関するまとめブログ

写真うつりに関するnote

ハマる人はハマるフェイスブック

 

 

質問やお問い合わせは雅専用ラインからどうぞ。​

(↑をクリック。できない人はIDで検索@387illuk)

ja.png

現在プラン内容をブラッシュアップ中!

募集再開はLINEで行います!