左京区の松ヶ崎にある
アットホームなフォトスタジオ

京都、東京で活動する
フォトグラファー夫婦(+ねこ2頭)のが運営しているフォトスタジオです。

写真嫌いだけど写真が必要な方、
写真の撮り方を学んでもっと楽しみたい方、
外からも内からも自分の魅力を引き出したい方
を対象に、
さまざまなオモシロ企画や撮影、スクールを運営。
写真にまつわるご要望をアットホームに叶えます。

あなたの人生をもっと豊かにする
お手伝いをします!

秋月ファミリーのご紹介

愉快な仲間たち

秋月武 Takeshi Akizuki

Photographer

写真歴21年。
ハッセルブラッドというフィルムカメラで作品を撮っている。

特技は掃除洗濯皿洗い。
人見知りをしない。
誰にでも「明るい奴」と言われる。
1979年11月25日:京都府城陽市に生まれる。
子供時代:冬でも家ではパンツ一丁であることにプライドを持っていた。
大学1年生:星新一にハマる。 大学3年生:写真と出会う。自宅から大学まで夜中に写真を撮りながら7時間かけて歩く。友達に気持ち悪がられる。
大学4年生:ネパールインド45日間の旅。現地で撮った子供の写真で個展を開く。
22歳:毎日バイト。留学資金の240万円を貯める。23歳:オーストラリアのタスマニアに語学留学する。現地に着いてタスマニアには自然しかないことを知り驚愕する。
24歳:タスマニアの巻き寿司屋で朝5時から同僚と踊りながら寿司を巻き、8時から授業に出るという忙しい学生生活を送る。語学学校卒業後、アジアを5ヶ月程バックパッカーをしながら帰国する。
25歳:社会貢献性の高い仕事を探し、義手製造会社に就職する。
34歳:今の妻と写真を通して出会う。妻の生き方に感化される日々を送る。
35歳:仕事を辞め、「この1年は遊ぶ!」と決めて、3ヶ月アメリカに行く。36歳:フォトグラファーとして開業。運だけでなんだかんだと仕事にありつく。 36歳:結婚し、株式会社Harvestを設立してAKIZUKI galleryを妻と始める。39歳:AKIZUKI galleryを松ヶ崎に移転する。 41歳:目指せ個展グランプリを勝ち取る。
42歳:東京の写真ギャラリー ナダールにて個展『約束』を開く。

秋月雅 Miyabi AKizuki

美撮り師

写真歴15年(起業して6年)
個展歴三回。
元会計事務所職員。
3兄弟真ん中。
話すより書く方が得意。
話し下手の聞き上手。
写真撮影(フィルム、デジタル)、レタッチ、人物装花、ヘアメイク、スタイリング、カウンセリングすべてこなす。

​内気で人見知り。たいしておもしろくもない学生時代を過ごす。繊細で感受性豊か。美意識が高すぎてコンプレックス過多。20歳の成人式の前撮りで “どすこい力士”としか言いようのない自分の写真に自信をなくした経験をもとに、写真で傷ついた女性たちの心を癒すため、あえて大嫌いな写真うつりを「写真にうつるエンターテイメント」と称して様々なプロジェクトを立ち上げ活動。

2013年に写真家として起業してから述べ2000人以上、枚数にして20万枚以上の「写真嫌いな」一般女性の撮影に携わる。

​2016年に「頭を生花で飾る女性たちの写真(HANANINGEN)」の理念と同プロジェクトの活動に衝撃を受け、HANANINGEN2号店となるAKIZUKI galleryを夫と立ち上げる。その際ヘアメイクスクールに通い、ヘアメイクを習得。ヘアメイク、装花、撮影、レタッチ全てをこなした。

​一見近寄りがたい雰囲気ではあるが、独特のまったりした話し方で女性の心をほぐし、時にスパルタに「見た目」「写真うつり」とはなんぞやと説きながら撮影をこなす。

自分はこんなもんなんだと思っていた女性たちが瞬時に別人のように美しくなり、「新しい自分と出会える」と口コミでクライアントが後を絶たない。

​現在、写真で自信をなくし、自分を押し殺している多くの女性たちに、「自分の勘違いを拭い、自分の無限の魅力を知って」もらえるような写真のテクニックや考え方を紹介する活動を続けている。

花ちゃん Hana

専務

2017年3月24日 岐阜県生まれ ♀ 
種類:ラガマフィン

AKIZUKI gallery専務。

​白い毛にクリーム色の模様が混じった美しい子。
秋月家で一番偉い。
お姫様気質で抱っこは好きじゃない。

​スタジオにくる人間たちにスリッと愛想を振りまくできる専務。

好物:ささみ、カツオのふりかけ

むーちゃん Muu

接客応対No.1店長

2018年9月20日 愛知県生まれ ♂ 
種類:スコティッシュフォールド

AKIZUKI gallery店長。

​名前の由来は秋月の「月」→「ムーン」のむーちゃん
黒猫かと思いきやシルバーの毛が混じっています。
いたずらっ子でやんちゃ。
抱っこはそこまで好きじゃないけど甘えんぼ。
スタジオにくる人間たちにビビりながらも興味津々。
いつも撮影場所のそばでお客さまをお迎えしています。

​好物:食べ物全部